ミニシュナ coalと青い空

多発性のう胞腎、脳手術後遺症と闘った義母の記録と、愛犬とのドタバタ田舎暮らしの日々☆

<<テ、テ、テレビが……  | ホーム | 3才になりまちた(*^_^*)>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況 

2009.03.23

今日は仕事がお休みだけど、強風のため引きこもり中…
今春は花粉症が強くでて、すっかりインドア派になりつつあります。

せっかくだから、義母の最近の様子を記録しとこうφ(..)メモメモ

看護師さん達が患者さんの状況を言うのに、上がる下がるで話しているのを以前聞いたことがあります。それで言うと、残念ながら義母の状態は、確実に下がっています。







2月に額の骨をはずして、感染症のある部位を取り除いてから、またふさいだんだけど、その手術の影響で脳圧に変化がでてるもよう。
脳の真ん中の脳室という部分に脳髄液がたまり(普通みんなあるんだけど、量がちゃんと管理されてる)、中心部から脳が圧迫されている状態…水頭症が疑われるって…(もーどんだけ病名がついちゃうんだ怒

ドレーンで脳髄液を抜く処置もあるが、今の体力を考えるとリスクが高すぎるから、経過観察しかないって。



最近では座位の保持も難しく、横や後ろに倒れます。どうにか支えながら車いすでの食事ができればいいほう。透析がなかったり、家族がいかないと一日のうちの全てをベッドの上で過ごしてる様子。

自分でとれていた食事も、介助が必要になりました。
時折、自分でスプーンを持ち口に運びますが、おぼつかなくUFOキャッチャーみたい…汗とか
ひどく難儀なようで、結局手伝います。
でも噛んで食べれるうちは喜ぶべきです。以前は鼻から管で入れられてたからね…。

歯磨きができなくなりました。つまようじや歯ブラシを見せても、用途が分からない様子。もしくは分かっても体をうまく動かせない。
歯磨きはやってあげれるからいいんだけど、うがいができないのが大変!!
水を口に含ませて、「ブクブク、ペッ」ってジェスチャーして見せても、分かったと頷きながら口は固く閉じたまま。

どうしたものか試行錯誤中。
今のところの対策は、背中を椅子の背から離して、やや前のめりの態勢をとってもらうのと、なるべくたくさんの水を口に含んでもらう。それでもだめなら、ちょっと可哀そうだけど歯ブラシを口元につけ反射的に口を開けてもらう。

書くと簡単だけど、夫婦であーでも無いこーでも無いと、かなりもめ悩みました汗とか


表情もほとんど変えなくなり、発話もほとんどない。頷いたり、首を振ったりして意思疎通をはかります。

機能が全般的に落ちている。

ただ、何も分からないかというとそんな事はないと思う。

車椅子に長く座っていられる時は、大好きだったお料理の本を30分くらい見たりします。気に入った料理は指で指してくれます。

疲れたらベッドに帰ろうかと言うと、ベッドに帰る=家族が帰る と思うらしく、首を横に振ります。

帰り際に握手するんですが、ギュッギュッて気持ちを込めて長~く握ってくれます。話せないぶん、これで表現してくれてるんだと思う。


言葉で伝わらない分、背中をさすったり、足をマッサージしたり、かならず笑顔で接するようにしたりして安心感を持ってもらい、元気づけて励ましていくことが義母の状態が上がっていくために何より大切だと信じてます。

まだまだ諦めませんで~羅琉 ニヤリ絵文字名を入力してください

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://accoal.blog77.fc2.com/tb.php/93-ea43e8e2

 | HOME | 

クリック募金♪
FC2カウンター
プロフィール

accoal

Author:accoal
犬(ミニシュナ5歳)と花と読書の日々
(注;ほとんど犬)をおくる、
30代草食系主婦。
もっか栃木弁習得中(笑)

coal
CalendArchive
最新記事
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
moon age
gremz
Facebook
Twitter
お友達ブログ☆更新情報
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
HOUDY
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。