ミニシュナ coalと青い空

多発性のう胞腎、脳手術後遺症と闘った義母の記録と、愛犬とのドタバタ田舎暮らしの日々☆

<<お友達  | ホーム | チョコの日>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やばいっ!! 

2009.02.25

往復3時間の病院通いに追われて(最後の週は、ほぼ毎日!)、すっかり日が経ってた!!

早すぎです…jumee☆faceA76

長時間の運転に、私のか細い首(笑)は悲鳴をあげ、やむなく(?)アロママッサージ
「リックスモード」さんへ…極楽でしたぁ。お勧め♪頭がはっきりして、初めてコンタクトを入れた時みたいに、視界がクリアになりました←ってどんだけぼんやりしてたの焦る3 



義母の額は、治りの悪い数針を残して抜糸完了。
後は通院で経過を見ていくこととなって、晴れて M 市の赤十字病院から近く(と言っても40分)の、透析導入時からお世話になっている病院へ戻ることができました\(^o^)/

無事に帰ってこれて本当によかった。
院長先生も看護婦長さんも、再会に喜んでくれて何よりおかーさんがニコニコして嬉しそうだった。
この病院に通うようになって2年ほど、比較的忘れやすい、近い記憶のはずなのに、覚えてるんだな~。

やっぱり顔なじみのいる、この病院で正解!!透析もいいし、ここで元気になろう!!

って思った矢先…病棟の看護婦さんからいきなり、重症じゃない患者さんは病院ではほったらかしになっちゃうから、なるべく早く生活に戻すようにとの強いお説教をいただいちゃいました(涙)


そんな~。分かってるけど、まだ体制が整わないからここにきたんじゃん怒
厄介もの家族あつかいしないでよkao07

在宅になると、週3回の透析の送迎して、自宅では3時間おきのトイレ誘導、塩分やカリウム制限した食事を用意して…
そんな簡単にいかないよ~~せめてもう少し、額の完治&つたい歩きまでのリハビリ、までは協力して欲しい。

おっと愚痴になっちゃう。

とにかく看護婦さんには、家族で話し合うから時間をくれと頭を下げる。
納得いかない説教でも、ケンカして入院できなくなっても困るから、頭を下げる。


義兄夫婦(療養型の病院に入れたいみたい)との、いっこうに進まない話し合い…

やっぱり我が家を建て増しして、(1階にもう一部屋足して、車椅子でも入れるトイレを作って)変わりばんこでお世話しようと持ちかけるしかないみたい…
全部ウチでやると言うと、カドがたつから…

こんなことなら5年前、新築した時に和室&広いトイレを作っておけばよかった!!悔しい!!
まったくこんな事態を予測してなかったがっくり

まぁ、増設した所は客間としても使えるし、2人家族の家にトイレが3ヵ所っていうのも笑える!?から、しゃーないか苦笑い

増設の方向で進みつつ、私はおかーさん向きの料理を修業しなくては(これが一番ネックだったりして…)


テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://accoal.blog77.fc2.com/tb.php/89-d80c1ee5

 | HOME | 

クリック募金♪
FC2カウンター
プロフィール

accoal

Author:accoal
犬(ミニシュナ5歳)と花と読書の日々
(注;ほとんど犬)をおくる、
30代草食系主婦。
もっか栃木弁習得中(笑)

coal
CalendArchive
最新記事
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
moon age
gremz
Facebook
Twitter
お友達ブログ☆更新情報
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
HOUDY
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。