ミニシュナ coalと青い空

多発性のう胞腎、脳手術後遺症と闘った義母の記録と、愛犬とのドタバタ田舎暮らしの日々☆

<<あなたが寝てる間に…  | ホーム | コールだし☆>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お義母さんの話 

2008.12.01

今回はお義母さんの話。コールくんはお留守番ねっ。
20081201144705


まずどんな人かっていうと、優しくって愛情深くって、これぞお母さんって人!!
わかりやすくいうと、サザエさんのフネさんを明るくした感じ。

4年前、主人の実家近くに移り住んで小さな車屋を開業したんだけど、ほんっとに
お世話になりました。
ちょくちょく顔をだしてくれて、開業間もないころの不安や心配ごとの相談にのってくれたり、

料理下手(汗)な私を気遣って、煮物や炊き込みご飯を差し入れてくれたり…
春は竹の子御飯、十五夜にはお団子、秋にはけんちん汁、誕生日にはお赤飯といった具合!

家族にかぎらず、他人に何かしてあげることを全く損に感じない心の広い、気前のいい人。
「他人にしてあげたことは全部返ってくるから。たとえ自分に返らなくっても、
自分の子供に返ってくるから。」
この言葉を体現してた人。

人間のできた素敵な人だな~って心から思ってました。


そんな彼女の家系には2分の1で遺伝してしまう、ある体質があります。
多発性のう胞症。のう胞と呼ばれる水の袋が、体の中にたくさんできてしまう体質。
誰でも1個や2個はあるらしいんだけど、腎臓や肝臓に多発してしまうと、
その内臓の機能が著しく侵されてしまうんです。

義母も腎機能が悪化して腎不全に至り、今春から人工透析に入りました。
週3回、車で50分かけて通院し3時間30分の透析を受ける生活…。

その送り迎えをお義父さんや主人や私、主人の兄とそのお嫁さん、みんなで交替でやって
ました。

道すがら車内ではたくさんの話(昔の家事やら、料理の仕方やら、季節の行事やら)を
聞かせてもらって、大変だったけど楽しく通ってました。


そして透析を受けて、体力が回復してきた義母は今夏、脳動脈瘤クリッピング手術に踏み切りました。
(義母のような人は、瘤ができやすい)
7月のことです。


それ以来すべてが変わってしまいました。





術後翌日には歩き始めるはずだったのに、みるみる容態が悪化…
意識ももうろうとして、夕方には意識不明におちいり、
翌々日には大学病院に緊急搬送…
集中治療室へ…

たくさんの管につながれて、顔をはらして横たわる姿…

奇跡的に意識が回復したものの、今度はてんかんの発症。
その後左側頭葉にて脳梗塞をおこし、義母の脳は修復不可能な大きなダメージを受けました。



12月に入った現在、もともと通っていた病院に移り、落着きをみせてくれています。

でも、義母の受けたダメージは大きく、失語症、前頭葉障害(やるき、遂行能力の喪失)、
脳の委縮による認知症。


大変なことも多いけど、せめて義母に残された時間を大切にして、できるだけ穏やかに
笑顔で生きていってもらえるように力をつくしたい!!

そしてこれは安易に手術を勧めてしまった私の、術後に寄り添いながらも何もしてあげれなかった私の贖罪でもあると。


「大変な時は、自分が大きく変わる時」
「鉄は鍛えられて強くなる」

こんな言葉を思い出しながら、ぼちぼちがんばっていくべ~。

時々、へこんじゃうけど…ねっ。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://accoal.blog77.fc2.com/tb.php/2-d73c707d

 | HOME | 

クリック募金♪
FC2カウンター
プロフィール

accoal

Author:accoal
犬(ミニシュナ5歳)と花と読書の日々
(注;ほとんど犬)をおくる、
30代草食系主婦。
もっか栃木弁習得中(笑)

coal
CalendArchive
最新記事
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
moon age
gremz
Facebook
Twitter
お友達ブログ☆更新情報
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
HOUDY
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。