ミニシュナ coalと青い空

多発性のう胞腎、脳手術後遺症と闘った義母の記録と、愛犬とのドタバタ田舎暮らしの日々☆

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子犬のお知らせ~栃木県矢板市~ 

2009.06.21

わん友さんが 6月20日に保護したコの情報です。

以下転載…

迷子のお知らせです

栃木県矢板市内にて

10歳以上のヨークシャーテリアを

保護しました

ピンク地でシルバーのハートのモチーフが

付いた首輪をしています


お心当たりのある方は矢板警察署か動物愛護センター、矢板市役所環境課に連絡してくださ~い。


……
詳細は光希さんのブログ「海(かい)日記☆」にて確認ください。
スポンサーサイト

テーマ : *ヨークシャーテリア* - ジャンル : ペット

梅干しに挑戦~梅味噌ドレッシング編~ 

2009.06.20

完熟小梅を使って、実父お勧め 簡単梅味噌ドレッシングを作ってみました (^O^)/

(私の実家では何故か、父が梅酒やら梅干しやらをつくります…趣味だとか…)

続きを読む »

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

石窯料理 

2009.06.15

旦那くんよりさきにアップしてやる~うぷぷ ^m^

今日の晩御飯は雨だというのに、石窯料理に挑戦!!

続きを読む »

梅干しに挑戦~その①~ 

2009.06.14

畑にナスタチウムを植えました(^v^)

006_convert_20090613201641.jpg

コンパニオンプランツといって、植えることによって野菜を元気にしてくれるんだそーだ。
(ナスタチウムはアブラムシを近づけない)

うちの畑でアブラムシは見たことないけど、きれいだから植えました。アハ。


そして、梅雨の合間の晴れだった今日、隣の梅林から梅をいただきましたグー!

もちろん許可はとってま~す。梅の持ち主は興味ないようで、好きに持ってってと言われてます。

続きを読む »

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

語録 

2009.06.13

今日、旦那くんが 「レミオロメン」のことを 
「レディオロメン」 って言ってた (笑)jumee☆faceA61

「違うよ、レミオメロンだよ。」(ひっかかるかなうしし

「バカにするな~。」(さすがに分かったか、残念。)


それにしても、彼の絶妙な言いまつがいは、我が家を明るくしてくれるハナマル

アップ 褒めてんだからね。一応…苦笑いプププッ


漢方先生 

2009.06.11

私のやりたいこと リストにずーっとのっていた「漢方先生」のとこに行ってきました(*^_^*)

なんで漢方かというと、花粉症がひどくて薬を飲み続けてるから漢方の方が体にいいかと思って。
口にするもので私の体はできているって思うと、なるべく化学物質は避けたいからね。


義姉情報によると…
ちゃんと脈をとったり、手のひらや舌の色をみたりして、体の相を見てくれる先生だという話。
おまけに漢方薬は薬局で買うより、保険診療のほーがはるかに安い!!
これは行ってみねば!

ということで向かった宇都宮市。
デパートそばの住宅地に忽然と現れる、時代錯誤な建物!
 

続きを読む »

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

庭作り(^v^) 

2009.06.08

ここ数年ずっと気になっていたコニファーまわり。(奥は神社のヒノキ林←和風コニファー汗とか
囲む形で丸太を敷いてたら、腐食してアリンコが大発生kao05


腐った丸太を撤去して、湾曲した形で溝を掘り下げて…

022.jpg


旦那さんの実家に転がってた大谷石を運んで…

続きを読む »

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

旅立ち… 

2009.06.05

それは5月19日の早朝でした。


記録…

食事と飲水がストップされたのが4月22日。その3日後に肝機能の悪化により黄疸がでる。

首からの胃ろうを考えるも、血が止まらない(固まらない)ので手術自体が危険との判断により断念。→4月30日、右太ももの血管から栄養を入れ始める。

5月に入ってから、黄疸を軽くするために ビリルビンの吸着(この色素が体中にまわってしまい黄色になる)、血しょう交換をおこなう。根本解決にはならない、あくまで時間稼ぎとのこと。

5月14日午前0時30分頃、病院から呼び出しを受ける。
血圧の著しい低下、脈が弱いとのこと。血圧を上げる強い薬を使って、持ちこたえる。

血圧が下がって、透析が十分にできなくなる(上が50程度に突然、スコーンと下がる)。
基準の7倍もの昇圧薬を使っている。これ以上は増やせないとのこと。


5月初旬は時々意識がはっきりして、息子(旦那)の顔を目に焼き付けるかのごとく、長い時間じーっと見つめていた。

だけど、血圧が低下してからは目をあけるが焦点があわず、見えてない様子。声には反応する時が多い。

聴覚と皮膚感覚は残されていると感じた。複雑な意味は伝わらなくても、声の調子や体の触れかたで気持ちを伝えた。手を握ることで会話ができることを初めて知った。孫たちみんなに必ず手を握ってもらった。ほんの数回だが義母も握り返してくれた。

母の日には、さんざん悩んで、素材のいいタオルケットを買った。最期の時まで義母の体を覆っていた。そして長くできてなかった、顔そりをして化粧水と乳液を塗布した。義母は口を閉じて、少しよそいきの顔をしていた。

5月17日は日曜日で、偶然にも孫たちが義母の病室に勢ぞろいした。2歳から11歳まで4人。義母が妹のように可愛がっていたおばさんも来た。実の娘に嫁2人、義父もいたので大人4人に子供4人。個室とはいえ、迷惑にならないかと思うくらい賑やかだった。

義母は大好きな人たちに囲まれて、刺激が入って、回復の兆しが見えたように思った。唾をゴックンと飲んだり、口の中の異物(唇の皮)をプップッと出そうとしたりしていて、嬉しかった。

夕方仕事を終えて合流した旦那くんと、今日は大丈夫だろうと安心しながら、病院をあとにした。

その夜、5月18日午前3時30分頃、再度病院から呼び出し。
念のため、コールdogもつれて病院にむかう。


ハアッハアッと息遣いがあらく、肩で息をしている。
呼吸にも段階があり、下顎(かがく)呼吸というらしいことを、後で知った。
全力疾走をした後のようで、ひどく呼吸が困難な様子。

いつ逝ってもおかしくない様子。


それでもがんばってた。


家族が全員そろって、私たちの受け入れの準備ができるまで、がんばって待っててくれた。

怖かったのもあるだろう…。


「メソメソしててもおかーさんは喜ばないだろう。明るく話そう。」って旦那くんが言って、空気が変わった。義母の命が尽きる19日の早朝までの、丸1日、不思議な時間が流れた。


おかーさんの横で、たくさんの思い出話を聞かせてもらった。旦那くんの子供のころの話、おかーさんの結婚前の話…。冷たくなっていく義母の手を握りながら、みんなで時々笑ったりしてずーっと話していた。

コールも病院の駐車場で一緒だった。天気がよい日だったから、陽にあたって車内の温度が上がらないように、定期的に木陰に駐車スペースを変えた。きれいな夕陽の中、散歩した。


夕陽がきれいで、気持ちのいい風が吹いていたから、病室の窓を開けた。「おかーさんが見る、最後の太陽だね。」と旦那が言った。実際には、白目も黄疸でゼリー状に黄色く濁り、視覚はとっくに無かったけど、感じてくれればいいと思った。




病室に簡易ベッドを置いてもらったり、車内で仮眠をとったりして2晩目をむかえた。

よりいっそう苦しそうに呼吸をする義母に、みんながたくさんの声をかけた。「がんばれ」とも言えなくなっていた。「もういいよ。がんばんなくって、もういいよ。」って思った。ただ、ありがとうとだけは伝えたかった。でも他の家族がいるとつい遠慮してしまう。嫁だし…

数日前に義母と2人だけの時に、恥ずかしかったけどちゃんと伝えなきゃと思って、がんばって感謝の気持ちを伝えていてよかったと思った。(私は上手く心情を口にできないタイプ)

ほとんど反応を示さなくなっていた義母が、手を握り返してくれて、何も映さないはずの瞳で優しく見つめてくれたように感じて、驚いた。




そうこうしている間に、深夜ひともんちゃくが起きて(これは旦那くんに直接聞いてね)

みんなが落ち着いたのを見計らったようなタイミングで、最期の時がきた。


5月19日の午前4時12分。


義母の実子3人とその嫁2人と、自分の旦那さんに看取られて旅立っていった。


看護師さんに義母の体を拭いてもらってる間、家族でデイルームに座った。朝陽の中、みんな泣きはらした顔でそれでも不思議な充足感があった。



20日は大安だったから、通夜が1日延びて、義母があんなに帰りたがっていた自宅で19日と20日の両日ゆっくりすることができた。

苦しかったはずなのに、穏やかできれいな顔をしていた。黄疸も消えていた。

5月の、頬をくすぐるような、優しくて気持ちのいい風が吹き抜けた。おかーさんの風だと感じた。



5月21日通夜、22日告別式と忙しくすごし、その後ひどい風邪をひいてしまった。



やっと体も復調してきた。


私も旦那くんも、あんなに頼りにしてたおかーさんの いない世界に歩きださなくてはならない。

私たちは、まだまだこれから。

たくさんの試練も乗り越えなくてはならないだろう。
辛いことも、楽しいこともたくさん経験しよう。

おかーさんみたいに、強くて優しい人にならなきゃ。
あの世で会えないと困るからね。






 | HOME | 

クリック募金♪
FC2カウンター
プロフィール

accoal

Author:accoal
犬(ミニシュナ5歳)と花と読書の日々
(注;ほとんど犬)をおくる、
30代草食系主婦。
もっか栃木弁習得中(笑)

coal
CalendArchive
最新記事
リンク
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
moon age
gremz
Facebook
Twitter
お友達ブログ☆更新情報
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
HOUDY
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。